※当ブログでは記事中にアフィリエイト広告が登場します。
雨水タンク

英国の雨水タンク「ハーコスター」とは? 成り立ちやおすすめポイントを解説

人気雨水タンクのハーコスター。商品紹介には「ガーデニングの本場英国から輸入」と書かれても、実際はよくわからなくて不安になってしまいますよね。今回は英国の製造元などを調べ、どのような会社が作っているのか、製品のおすすめポイントなどを解説していきます。
雨水タンク

雨水タンク (雨水貯留槽) 購入・設置にかかる費用は? いくら必要か解説

エコで節水できることから今、注目を集めている雨水タンク。初めて自宅に設置する場合、実際に費用がどのくらいかかるかって分かりづらいですよね。この記事では購入費用や設置費がどれくらいかかるのか、また費用を抑えるための補助金について解説していきます。
雨水タンク

ホームダム 利用者がオススメする雨水タンク3選 買い換え候補は…

人気の雨水タンク「ホームダム」愛用者がもし買い換えるならをテーマにオススメの雨水タンク3つを紹介します。ホームダムの使い勝手と比較して優れているポイントなどを解説していきます。コスパが良いものから性能がすごいものなど独自の視点でオススメの雨水タンクを選んでみました。
戸建て生活・雑記

新築戸建ての光回線にBBIQがオススメの理由【30,000円キャッシュバック】

新築戸建ての光回線、どこにしますか?我が家の光回線はBBIQにしようと思っています。なぜ新築戸建ての光回線にBBIQをオススメするのか、その理由やデメリットを解説していきます。今なら30,000円のキャッシュバックも受けられるので本当にオススメです。
雨水タンク

【2022年度・東日本】雨水タンク(雨水貯留槽)の補助金・助成金まとめ

首都圏を除く東日本(北海道、東北、甲信越、東海)の市町村が行っている雨水タンクへの補助金の内容について調べてまとめました。補助金の交付上限額や対象となるタンクの条件、注意事項は各地でまちまち。この記事から調べてお得に雨水タンクをゲットしてみてはいかがでしょうか。
戸建て生活・雑記

ココナラ で素敵アイコン作ってもらった 1,000円強で大満足の結果

ココナラ を使ってアイコンを作ってもらったお話をまとめました。アイコンの依頼から納品までの流れをユーザー目線でレポートしました。 作ってみて思ったのは、オリジナルのアイコンがあるとブログやSNSで印象がだいぶ良くになりますね。個人的には大満足でした。
雨水タンク

屋根に降った雨 雨水タンクにどれぐらい流れ込む? 簡単に計算する方法

雨の日に屋根から降り注いだ雨水がどれくらい雨水タンクに貯まるか気になりますよね。これ、何ミリの雨が何時間降ったか、屋根の面積がわかれば簡単に計算できます。計算するときの注意点や計算方法を解説してみました。計算が面倒な人用に簡易計算機も用意してあります。
雨水タンク

雨水タンク コストやボウフラ対策、補助金、コスパ…基礎知識まとめ

「雨水タンクを初めて買おうか迷っているんだけど、選び方や設置の方法がわからない」という人向け雨水タンクに関する概要がサクッとマルわかりできる記事です。選び方や設置方法、補助金の注意点など雨水タンクを買うときに知っておきたい情報をひとまめにしてあります。
雨水タンク

雨水タンク だけ買っても無意味?! 日常や設置時に必須アイテム6選 

実は「 雨水タンク 本体だけ」買っても無意味です。設置時や日常で必要になるものを理由と共に紹介していきます。もし買い忘れているものがあるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください。また災害などで断水したときにあると役立つアイテムも合わせて解説しました。
雨水タンク

【2021年度・首都圏】雨水タンク(雨水貯留槽)の補助金・助成金まとめ

東京、千葉、埼玉、神奈川の首都圏の市町村が行っている雨水タンクへの補助金の内容について調べてまとめました。補助金の交付上限額や対象となるタンクの条件、注意事項は各地でまちまち。この記事から調べてお得に雨水タンクをゲットしてみてはいかがでしょうか。
戸建て生活・雑記

くらしのマーケット で相場より2,000円安くコンセントの増設ができた

くらしのマーケット を使って、自室にコンセントを1つ増設した体験記です。くらしのマーケットでコンセントを増設するメリット・でメリットから実際に業者の選定や予約確定、作業完了までの流れなどをサービスを利用してみたユーザー目線でレポートしました。
土地探し

土地探し で知らないと損! 地盤の基礎知識・軟弱地盤を見分けるコツ

家を建てる上で絶対に避けたい軟弱地盤の土地。どうすれば避けられるのか、地盤の基礎知識と共に見分ける小技を紹介していきます。見つけた土地の地盤が軟弱地盤だった場合、地盤改良が必要になります。うまく避けて無駄なコストを出さないようにしましょう。